店舗解体大切なことまとめ

店舗解体の情報はここから!

店舗解体で出た産業廃棄物の捨て方

店舗解体で出た産業廃棄物の捨て方 廃棄物は産業廃棄物と一般廃棄物に区別され、解体工事で発生するゴミは前者とみなされます。
建物を取り壊す工事で発生するゴミに限らず、店舗や事務所などの事業用物件を対象とする原状回復工事(内装解体)で発生した廃棄物についても同様です。
店舗の原状回復工事では、床や壁材、天井などもすべて撤去するのが基本で、建物の骨組みの部分以外は全て取外し、廃棄物として処分しなければなりません。
処分の方法については、建設リサイクル法で決められた通り処分することが義務付けられています。
建設リサイクル法の主な目的は産業廃棄物をしっかりと分別し、再資源化することでゴミの量を減らし、ひいては地球環境を保全と循環型社会を実現することとされます。
そのため、工事で発生した廃棄物は丁寧に分別しなければなりません。
例えば、コンクリートや金属くず、木材などに細かく分別する義務があります。
そして、指定された廃棄物処理場に分別した状態で持ち込むことが決められています。
また、不法投棄が行われないように、発行原状回復工事を請け負った会社は、事前に計画書を作成して行政機関に届け出ることや、ゴミを引き渡す際に、廃棄物処理会社に対してマニフェストと呼ばれる書類を発行する手続きが決められています。
以上のように、ただ壊して捨てれば良いという性質の工事ではありません。

店舗の内装解体に必要な工期はどのくらいなのか

店舗の内装解体に必要な工期はどのくらいなのか 店舗の内装解体の工期は、建物の広さや壁材などの素材、量などによって変わります。
ただ、建物を壊すのと違って内装を壊してスケルトンにするだけなら、さほど日数はかかりません。
小さな店舗であれば2日から3日くらい、少し大きくても1週間もあれば終わらせてもらうことができるでしょう。
もちろん、状況は店舗の事情や工事が可能な時間、利用する業者などによって変わるので、まずは業者に見積もりを出してもらって、かかる日数を出してもらってください。
業者の方は出張で店舗まで来て確認し、費用や工期を出してくれます。
それに納得することができれば契約をすればよく、あまりよくないと思ったら別の業者を利用しても良いです。
見積もり自体はどこの業者も魅了でやってくれますし、即日対応してくれるところもありますので、調べて利用してみましょう。
費用をなるべく抑えたい場合は、費用面も比較しながら選んでいくと、依頼するのにちょうどよい業者を見つけることができます。

Copyright © 2020 店舗解体大切なことまとめ all rights reserved.