店舗解体大切なことまとめ

工事スタッフと現地を確認

工事スタッフと現地を確認

工事スタッフと現地を確認 店舗や事務所などを退去することになり解体工事が必要になったら、事前によく工事会社のスタッフと打ち合わせをすることが大事です。店舗や事務所を一般家屋を取り壊すような安易なノリで契約して工事をしてしまうと、追加費用がどんどん膨らみ、当初の概算見積額よりも多くのコストがかかってしまうかもしれません。
テナント物件の場合は一般住宅よりもつくりが複雑になっていることがあるので、工事会社のスタッフに現地まで来てもらって、目でよく見て確認してもらいながら計画を立てて見積りを出してもらうのがいいでしょう。
その際に、内装工事をした際の写真や図面などがあれば準備しておいて、工事会社の人にチェックしてもらうのがおすすめです。そうすれば、隠れて見えなくなっていた設備なども分かるので、工事をスムーズに進めることができるようになりますし、工事中に追加工事が必要になりコストが跳ね上がるというようなトラブルも回避することができるでしょう。

店舗解体工事で発生しうるトラブルとはどういうものがあるか

店舗解体工事で発生しうるトラブルとはどういうものがあるか 店舗解体工事で、発生する可能性のあるトラブルはどういうものかというといくつかあります。まず見積もりと請求金額が違うという事です。
こういうトラブルが起きうる理由として、見積もりを口頭で済ませてしまう事が挙げられます。書類を出さずにこれ位かかりますと概算金額だけを伝えて工事を進めてしまうと、請求時に自分が考えていた金額と違いもめてしまう事になります。そうならない為にも必ず口頭だけでなく事前に見積書を出してもらうようにしましょう。
また途中で工事内容の変更があった場合です。いざ工事を始めると想定と異なる事が起きる場合があります。そういう時に追加工事が必要となるのですが、そうなると当然料金も見直さなければならないし工期も伸びてしまいます。
こういう時にしっかりと工事する側は説明が必要です。何故なら店舗側は工事代金をわざと引き上げようとしているのではないかと疑問を持つ可能性があるからです。
他にも破損トラブルも十分考えられます。例えば本来触ってはいけない配管や配線まで破壊してしまった等です。そうなると損害賠償請求される恐れがあるので、事前にどこを解体するのかを店舗側としっかりと話し合う事が必要です。

Copyright © 2020 店舗解体大切なことまとめ all rights reserved.

s